長崎とホークスとレースシミュGPL(Grand Prix Legends)のなんでんかんでん日記


by goudainana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:山歩き( 22 )

謹賀新年

謹んで新春のお喜びを申し上げます。
 本年もなにとぞよろしくお願いいたします。
  皆々様のご多幸を、心よりお祈り申し上げます。


b0046478_223879.jpg

今年も行ってきた、吉例佐世保の隠居岳初日の出。
参加者は旧友8名。
今年は通常より20分遅れの7:43、雲間から久しぶりのご来光見ることができた。

b0046478_224071.jpg

展望台の四阿(あずまや)ではバーナーでお湯を沸かし持ち寄ったカップ麺やコーヒーを飲食するんだけど
今年のヒットはこの「おしるこ」餅入ってるしこの甘さは疲れた体に優しく元気注入された。
ここ数年と比較して暖かめの元旦。下界と違い山頂は冷たい風が強かったな。

b0046478_223862.jpg

駐車場がある茶畑の登山口入口から佐世保市街地(南東部、日宇天神方面)が見下ろせるんだけど
PM2.5の影響か霞んでたね。
残念ながら遠望効かず。

b0046478_223915.jpg

上木場猫山ダム佐世保南高の前経由、11月末佐世保駅裏にOPENした五番街の横(ぱっと見倉庫街みたい)を通過しておなじみ鹿子前の神ノ島神社に初詣した。
私は昨年父が亡くなったのでお参りせずここで待機。

当方ブログの過去データによると、初日の出を見られたのはなんと7年ぶりでした。
データ見ると毎年年越し寒波だったのですね。

2014 ◯ 晴れ
2013 ☓ 雪 
2012 ☓ 曇り
2011 ☓ 雪
2010 ☓ 曇り
2009 ☓ 雪
2008 ☓ 雪
2007 ◯ 晴れ(30分遅れ@対馬)
2006 ◯ 晴れ(のち曇り@対馬)
2005 ◯ 晴れ(30分遅れ@対馬)
[PR]
by goudainana | 2014-01-01 23:59 | 山歩き

平戸志々伎山


先週三連休の中日22日(日)に平戸の志々伎山(しじきさん)に登ってきた。
地図の左端、平戸島の最南端に位置し標高347mなんだけど、九州百名山のひとつ。

b0046478_23283829.jpg

しかし遠いっちゃんね~(>_<)
佐世保の早岐11:45スタート。平戸大橋まで西九州自動車道が佐々まで開通しているので1時間かからない。
平戸の中心部で食事して、そこから約1時間弱で到着。

阿弥陀寺近くの駐車場からの志々伎山。

b0046478_23291881.jpg

14:15登山開始。
志々伎神社への一部区間苔むす一枚岩の階段の旧参道を登る。

b0046478_00328.jpg

14:40急な長い石の階段を登ると志々伎神社到着。
実はここまで神社参拝用の林道経由で車でアプローチ可。
みんなの反対を押し切り、せっかく来たのだからと由緒あふれる旧参道から登りたかったのさ。

b0046478_23293457.jpg


b0046478_23302141.jpg

最初のロープ場。
この後意外とロープ場が続く。
広葉樹の原生林の中を歩いて行くのだけど、強い陽射しは木々で遮られ問題なし。
が、道中蝉の「ツクツクボウシ!」の合唱が凄かった。

b0046478_23312753.jpg

15:05ロープ場を抜けると急に視野が広がる展望地に。
ここから目指す山頂を望む。
もうちょいですな。
ここから裾野を歩きぐるっと南側から東側に回って(右から左に)山頂に。

b0046478_23361519.jpg

志々伎山登山のブログを見るとお約束の道標。
指差す手が妙にリアルだと。

この先に本日の難所の急登の長いロープ場を登れば山頂の東側に回りこむ。

b0046478_23385881.jpg

山頂手前から西側の東シナ海を望む。
残念ながらこの日は気温が高く、霞んで遠望は効かなかったね。

b0046478_23391085.jpg

山頂から北側の志々伎湾と平戸島を望む。
正面が屏風岩。

b0046478_005061.jpg

16:00頂上の祠(志々伎神社上宮)前にて記念撮影。
1時間45分で登頂。途中途中で休み休み休みの登山やったもんね(^_^;)
通常1時間20分ぐらいが目安みたいです。

b0046478_2340103.jpg

頂上からの展望はそりゃ大パノラマで素晴らしい!今まで登った中でも1番かも。
それとなかなかの断崖絶壁の連続で
「うひょう~~!」の連発www

b0046478_23402677.jpg

ラピュタみたいに空飛びたくなるし、吸い込まれそうになるね。
遠かったけど満足度高く本当に来てよかったです。

参考にさせていただきました。
志々伎山登山ガイド
[PR]
by goudainana | 2013-09-27 23:18 | 山歩き

シーズン到来

b0046478_0122517.jpg

遡るは先週の14日(土)の話。
いよいよ涼しくなって山登りシーズン到来♫ってなわけで、まずは手始めに近くの山希望と友人の提案で
Myホームの岩屋山に。
スタート地点の岩屋神社山門前にて、彼岸花の群生が。そうそんな季節なんです。

b0046478_0124224.jpg

予想以上の急登に上向く余裕ない友人達(^_^;)
この日は快晴なんだけど残念ながら最高気温は32℃!
木々の中を歩くので直射日光は避けられるんだけど、とにかく蒸し暑かった。

b0046478_0122781.jpg

この夏の不摂生がたたったのかついに友人一名ダウン!
マジで立ちくらみがするとかで、5m歩いては休み休みの登坂。
体調不良は脱水症状?血圧?睡眠不足?
一時は「こがんとこまでドクターヘリ降りてこれんばい。」
写真のタフな友人に、「オイがリュック持つけん頂上まで担いで!(^^)/」とマジ心配したです。

b0046478_0123170.jpg

アップアップ登頂の友人を置きっぱにして、岩屋山の湧水汲みに行って、味噌汁&おにぎりbyローソンタイム!
それと今回おNEWのザック35L。背中が蒸れないメッシュボード入り(^^)
湧水2L×2+500ml×2の計5Lもウェストベルトで大丈夫やった。
[PR]
by goudainana | 2013-09-19 23:59 | 山歩き

三連休初日

b0046478_20103028.jpg

有意義な三連休にすべく、今朝超早起きして岩屋山に登ってきたよ。
真っ暗闇4:30スタート。iPhoneのLightを頼りに登ったら見事に道迷って道無き沢&谷直登コースで3倍疲れた。
5:18日の出の予定が残念曇ってた。(>_<)

b0046478_20103230.jpg

山頂は台風の影響か風が強くしのぎやすかったけど。
しかし久しぶりにいい汗ダクダクかいたよ♫
全体的に緑が濃くなった印象。それと蜘蛛の巣が多かった。

b0046478_20103139.jpg

5月1日に登って以来の久しぶり岩屋山。
せっかくだから湧水汲みに行く。山頂から約20分で到着。
7Lを22Lのバックパックにという負荷高杉!(^_^;)
ショルダーベルトはくい込むし、肩や腰は痛くなるしで10分毎に休憩してた。


■sakusaku
8時前には帰宅。早起きしても午前中は毎度の週末おかいものがかりと。
午後からはアメトークの録画見たり、鷹檻戦チラチラチェックしながらでsakusaku(今週のゲストいきものがかり)を見て過ごす。
[PR]
by goudainana | 2013-07-13 20:09 | 山歩き

金泉寺

b0046478_23462628.jpg

前回の中山越の手前展望開けるポイントから。
黒木登山口です。写真真下のこの谷を登ってきました。

b0046478_23463584.jpg

10:57中山越到着。
南壁ルート合流地点から下って約25分。
ここから金泉寺まで登って行きます。

b0046478_23541696.jpg

巨岩の割れ目を通過したり。
結構な岩場や傾斜の細道歩いたりしたんだけど、疲労度高く黙々と歩く。

b0046478_23465237.jpg

11:38笹岳鞍部到着。
たしかに笹がいっぱい。3月にはマンサクが満開だそうだが知ったのは後日w

b0046478_2347551.jpg

この先からは山の自然を満喫、新緑の中を歩く。
といいたいが余裕がなかったね。
実感したのは、「多良山系奥深いわ。」
ここから下りになるので気持ち楽になる。

b0046478_234814100.jpg

12:15金泉寺到着。
金泉寺」高野山真言宗、山岳仏教の聖地だそうで、第一印象はなぜにこんな山奥にお寺があるのか本当に不思議だ。
この右手に多良岳~一の宮岳への登山口がある。

b0046478_23482218.jpg

多良岳まであと40分ぐらいなんだけど、大概悩み帰りの体力温存で今回はパスした。

b0046478_23483765.jpg

金泉寺山小屋。
生まれて初めて山小屋なるもの見た。
薪ストーブが焚いてあった。

b0046478_2349387.jpg

本日のランチは、ペヤング『激辛!ソースやきそば』辛さレベルMAX!!(^_^;)
噂には聞いていたけど長崎では販売してなくて、本日山登り仲間が佐世保のドンキで入手してきた。

b0046478_23521433.jpg

これは罰ゲームか!(>_<)
辛いし口の中が痛い!おにぎりとノンアルなかったら完食できんやったです。
これ辛美味いけどオススメしません。食べて見たい方は大概覚悟が必要です!

b0046478_23492062.jpg

西野越途中の湧水ポイントにて。
新緑鮮やかだったな。
しかし延々と下りもキツイもんがありますわな。
逆にこの下りを登ってきたらと思うと、多良山系奥深くなかなかお手軽には登れないね。

14:50無事に黒木登山口到着。
約8時間の過去最高時間登山。道中休憩したとはいえ正直疲れ果ててしまった。
この後は前回同様お約束の平谷温泉に。
食事はペヤング効いてパス(^^)

しかしながら、秋になったら舞岳~経ヶ岳ルートと多良岳にリベンジしたいと強く思うのでありました。


[PR]
by goudainana | 2013-05-31 23:54 | 山歩き
b0046478_21563045.jpg

UP遅くなりましたが、5月26日(日)登って来ました経ヶ岳。
尖ってて男前ですな。

b0046478_21581550.jpg

今回は黒木登山口から大払谷コースでつげ尾に。
そこから尾根伝いに最後は急坂をへばりついて山頂に向かうルート。
TOPの写真の写ってない左手から尾根伝いに右手へ。
時計周りに黒木登山口~つげ尾~経ヶ岳~中山越~金泉寺~西野越~黒木登山口

b0046478_21583881.jpg

梅雨入りの最初の週末で、日中30℃越えの心配もあって早朝7:10スタート!
ちょうど田植え時期で早朝から田植え機出動してた。
右奥が鳥甲岳に左手前が二合半岳。

b0046478_2235942.jpg

森というか木立の中を登るので、道中眺望は効かないけど心配した直射日光は回避できた。


b0046478_224894.jpg

登っても登っても登ってもこのガレ場が延々と続く。
登山口からつげ尾まで100分、ひたすらひたすら急坂登る。

b0046478_2243260.jpg

途中PROTREKの高度計でチェックしたけど、標高差400mを一気に登るのだ。
過去最長の登り!
今までは山歩きアプローチしての急坂だったんだけどね。
後半息切れて雑談する余裕もなし。

b0046478_22103263.jpg

8:46やっと着いたつげ尾の分岐ではこうなりますわなw

b0046478_22112068.jpg

4月30日に登った平谷コースは鎖場とかあったけど、
今回はロープをしがみついて急登へばりつくように登ります。

b0046478_22113033.jpg

9:25経ヶ岳山頂到着。
今回は3人で登山。
季節柄なのか山頂はハエやハチの虫が多くて閉口した。

b0046478_22122087.jpg

まずはコーヒーブレイク。
大村市在住の友人が持ってきた、大村の石窯パン工房「TAKUMI」の茹でピーナッツあんパン(大村あんパン)。
揚げてありまして中身ホクホク♫
この糖分補給で登山バッテリーが半分になってたのがかなり回復した!

b0046478_22131288.jpg

本日の目玉!経ヶ岳の南壁沿いに歩く。
足場不安定の初心者お断りルート。

b0046478_22135060.jpg

ここロッククライミングの名所で有名だとか。
ミヤマキリシマやヤマツツジ咲いてたけど絶壁やね。

b0046478_22144935.jpg

TOP写真、頂上下の岩壁がわかるでしょうか。
その北(左)から南(右)へ裾野を横断して行く。

b0046478_22173088.jpg

一部下り口で迷いながら無事に中山越コースに合流した。
イチブンさんのこちらのBLOGを参考にさせていただきました。

b0046478_22174276.jpg

中山越の手前の展望開けるポイントから。
シンクロしているけど、奥は五家原岳(1,057m)でその手前は中岳(1,000m)。
一番手前左手は舞岳(867m)ですね。
ここの尾根コース(シャクナゲルート)も急登で人気あるそうな。
次回登らんば!w

金泉寺へ続きます。
[PR]
by goudainana | 2013-05-30 21:51 | 山歩き

烏帽子岳


4月29日GW3日目。
息子のサッカー車出しから練習試合開始まで空き時間2時間程あったので
ちょいと烏帽子岳(413m)登ってきた。

b0046478_23473080.jpg

自宅マンションから見て左手より、師匠手山、烏帽子岳、そして右端が鳴鼓岳。
目の前にこんな山があったら。こいは登らんばでしょ!w

b0046478_2328206.jpg

滑石トンネルからのルート。
頂上碑には411.6m。

b0046478_2328289.jpg

長崎要塞の碑。

b0046478_23283645.jpg

石碑の裏を見れば「陸軍省 長崎要塞区域標 第四十七号 明治三十三年六月十日」の文字が。

b0046478_23285660.jpg

頂上の石碑から東方面に細い降り道があって
東方面180度展望効く超狭い岩場へ。

いつも登ってるお馴染みの北側からの岩屋山。
右手に裏岩屋山が広がってるのだよ。

b0046478_2329217.jpg

尾根の右手が滑石団地で左手が横尾団地。

b0046478_23292784.jpg

グラウンドは横尾中ですね。
段々畑みたいなひぐち時津CC。

b0046478_23294132.jpg

ゴルフ場の奥は時津港。
奥の山は長与町の琴ノ尾岳ですね。

b0046478_23295456.jpg

こんな岩尾根もあります。
山歩きで何が好きかって、なんといっても右に左にスリリングな岩尾根歩きが大好き。

b0046478_23302897.jpg

師匠手山からの下りだけど、ロープ張りの結構な急坂あります。

b0046478_23305391.jpg

滑石峠旧道からの登山口。

b0046478_23311240.jpg

滑石トンネル開通後は、今や登山者以外通らない滑石峠旧道。
まだ10時過ぎなのに妙に不気味です。

b0046478_2331246.jpg



[PR]
by goudainana | 2013-05-09 23:33 | 山歩き

岩屋山の湧水

b0046478_2311584.jpg

経ヶ岳登山の翌日4月28日(GW2日目)まだ夜も明けぬ4時過ぎに目が覚める。
天気予報では快晴だし、岩屋山から見る日の出は格別だろう。
どうしようかなぁと布団の中で逡巡してたら出遅れた。

b0046478_2313858.jpg

5:35岩屋神社スタート。今日は洞窟神殿先の分岐から左手の尾根コースで登る。
結構な急坂を登ると照葉樹林を進む。

b0046478_2238948.jpg

が、登山途中に夜が明けてしまった(^_^;)

b0046478_22271864.jpg

尾根伝いに結構な急坂を息を切らして登る。
と、大岩あってロープ伝いに一瞬ロッククライミングに。

b0046478_22272792.jpg

終盤急な岩尾根を登り続けると、谷コースに合流する。

b0046478_22273787.jpg

6:13登頂の山頂広場。貸切でした。

b0046478_2229109.jpg

日の出は霞んでましたね。
太陽の下が明るいのは有明海と思われる。

b0046478_22333920.jpg

岩屋山への登山口多数ありまして、今日は虹が丘町~岩屋神社の上から3つ目のルートでした。
頂上では夜明けの下界を写真撮影したりFBにUPしたりで結構な時間ゆっくりした。

b0046478_22293138.jpg

上記案内図の北西方面に下り鉢巻周回コースに。
この湧水ポイントは、4月20日に登った北栄町登山口~周回コース途中で発見した。

b0046478_22293929.jpg


b0046478_22302562.jpg

この岩と岩の間が源流。
まだ未確認だけど、なんだかんだでここ式見川の源流になるんじゃないかな。

b0046478_22343356.jpg

手と顔を洗い、まさしく生水飲んだら生き返る!
持参のアクエリ飲み干したペットボトルに。
ま、水は水やけんね。無味無臭、クセのない素直なお味。

b0046478_2230359.jpg

湧水を汲んだ帰り道に発見した首だけ仏像。一瞬ビビってしまった。樹の根元に何が眠ってるのやら。
山神様かしら、持ってた飴をお供えし、お猪口が汚れてたので湧水で洗って新鮮なの注いだ。
これからの登山行何かと護ってくれるでしょう。

b0046478_22312068.jpg

下りの岩屋神社の梅園に咲いてた葉っぱといい花びらといい小ぶりの紫陽花みたいな
わしゃっと満開の白い花の木。掃除している人に聞いたら似てるけど紫陽花ではないって。
FB友に聞いたら「オオデマリ」だそうな。

岩屋山の湧水ポイント。あえて場所は書きません。
鉢巻周回コースを赤テープを目印に、自分の目と足で感じて登ってみてください。
岩屋山の素晴らしさが、そして奥深さが実感できると思います。
それと行動は慎重に。迷ったら引き返す勇気が大切です。
[PR]
by goudainana | 2013-05-03 23:59 | 山歩き

経ヶ岳下山後

b0046478_22202229.jpg

下山後のお約束で、まずは温泉。
奥平谷キャンプ場駐車場からちょっと下った「平谷温泉」に。
和風情緒溢れて、落ち着いた感じ。それと平谷渓谷のローケーションは非常に静寂感強し。
入浴料600円。
手前のカゴにプチトマト一袋100円とか販売してた。

b0046478_22202938.jpg

左あつめの湯に、右はぬるめの湯。
あつめの湯が登山後の疲労回復にちょうどいい気持ちよさだった。

b0046478_230083.jpg

なおこの左手に檜製の露天風呂があって、登山同行者4名と一緒に入浴したら家族風呂みたいだったw
残念だったのは、この日は気温高くすぐのぼせてしまったこと。
是非秋から冬場にかけもう一度行きたいと思う。

b0046478_22203670.jpg

帰り道の萱瀬ダム駐車場からの経ヶ岳。
とんがってるね~!

b0046478_22204470.jpg

16時過ぎお腹空いたこともあり、大村名物の大村寿しを食べに行こかと移動する途中。
近くにある「大村あま辛黒カレー」に変更。
ペーパームーンが昼休みの為、桜馬場交差点近くの「番童」へ。

b0046478_22205256.jpg

いや~久しぶりの喫茶店だ(^_^;)
ちょい暗めの落ち着いた雰囲気の店内。柱時計が店内中にディスプレイされている。
テーブル席4卓にカウンター。店主は上品そうなおばちゃんでした。

b0046478_22205848.jpg

大村名物というかB級グルメで絶賛売り出し中の「大村あま辛黒カレー
750円+食後のコーヒーセット200円の計950円也。
一口目甘く後味辛めのビーフカレー。

b0046478_22211653.jpg

この後長崎空港にお土産を買いに行く。
茂木一◯香の「一口香」と「じゃがメル」をおすすめした。
で、その空港への連絡橋である箕島大橋からの経ヶ岳(しつっこいw)

b0046478_22213239.jpg

今や長崎県出身の有名若手女優、仲里依紗の親が経営する服飾雑貨店「TACK」長崎空港に行く途中にある。
貴重なジモピー情報だ♪
[PR]
by goudainana | 2013-04-30 22:59 | 山歩き

経ヶ岳


4月27日GW初日、大村市鹿島市との県堺多良山系経ヶ岳(きょうがたけ)1076mに登ってきた。

b0046478_6502049.jpg

一番高い真ん中の三角の山が今日登る経ヶ岳。
萱瀬ダム側の国道444号より。

b0046478_6502830.jpg

平谷黒木トンネルを通過後、国道沿いの駐車場に。
奥平谷キャンプ場登山口から登ります。

b0046478_6503754.jpg

登山口入口の掲示してある案内板。
なんだかんだで所要時間等これが一番役に立った。
同行者はいつもの幼馴染4名。9:30登山開始!

b0046478_6504391.jpg

馬の背ですな。
案内板のとおり約50分で到着。
この手前の林道からの沢とガレ場登りからセカンドステージと実感。

b0046478_65114.jpg

ロープ場ですね。
先々週の青螺山~黒髪山と比べてロープの距離が長い!

b0046478_65115100.jpg

11:10平谷越到着。
ま、要所要所でしっかり休憩したしね。今回欠席した幼馴染からの電話もあったし。

b0046478_2053028.jpg

で、本日のメインイベントの鎖場登場!
ここも黒髪山と比べて長い!
しかも足場が崩れ気味で非常に不安定だった。

b0046478_205423.jpg

上の写真中央下に貼ってある登山者向け注意書きのアップ。
滑落事故の文字でちょいビビる(^_^;)
ま、鎖場ってわんぱく広場の延長やし。
ワクワク♪ドキドキ♪のクライマーズハイ状態の勢いで登るのだ。

b0046478_20152940.jpg

11:35経ヶ岳登頂!!!
意外と頂上は狭い。
次から次に登山者登ってくるけど、今日の山ガールは平均年齢高すぎた~(>_<)
20代は数名だったかな。ま、こっちもオヤジの集団だけどさ。

b0046478_20153782.jpg

佐賀県太良町の谷合というか、よくわかんないです。
頂上ではいつものおにぎりタイムとコーヒーブレイクでしっかり1時間休憩した。

b0046478_20154473.jpg

多良山系。
左から一宮岳、本多良岳(前岳)、多良岳(995m)、国見岳。
これもどれがどれやらよくわからない(^_^;)
奥に雲仙岳が見えるのわかるかな。

b0046478_20161239.jpg

アンテナが林立する五家原岳。
頂上まで車で行ける。ん十年前に行ったことある。

b0046478_20183967.jpg

大村市街地方面。中央は萱瀬ダムです。
中央左手に長崎空港が。
この日は快晴は快晴なんだけど、気温上昇で春霞がかかってたのかな、遠望効かず。

b0046478_20243997.jpg

上りと違い、下りは大概恐ろしか。慎重に下ります。
いや、こんな長い鎖場の下りは初めて。
ってゆうか、黒髪山の鎖場は往路だけで下ったことなかった!

b0046478_20244994.jpg

「こんな岩場よく登ってきたな~!」と実感した帰り道。
結構足場は悪かった。

b0046478_20263893.jpg

リタイア者も発生せず、無事に14:20下山。
約5時間コースでした。
機会があれば、次回大村の黒木ルートからチャレンジしたいと思う。
[PR]
by goudainana | 2013-04-28 23:59 | 山歩き