長崎とホークスとレースシミュGPL(Grand Prix Legends)のなんでんかんでん日記


by goudainana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

金泉寺

b0046478_23462628.jpg

前回の中山越の手前展望開けるポイントから。
黒木登山口です。写真真下のこの谷を登ってきました。

b0046478_23463584.jpg

10:57中山越到着。
南壁ルート合流地点から下って約25分。
ここから金泉寺まで登って行きます。

b0046478_23541696.jpg

巨岩の割れ目を通過したり。
結構な岩場や傾斜の細道歩いたりしたんだけど、疲労度高く黙々と歩く。

b0046478_23465237.jpg

11:38笹岳鞍部到着。
たしかに笹がいっぱい。3月にはマンサクが満開だそうだが知ったのは後日w

b0046478_2347551.jpg

この先からは山の自然を満喫、新緑の中を歩く。
といいたいが余裕がなかったね。
実感したのは、「多良山系奥深いわ。」
ここから下りになるので気持ち楽になる。

b0046478_234814100.jpg

12:15金泉寺到着。
金泉寺」高野山真言宗、山岳仏教の聖地だそうで、第一印象はなぜにこんな山奥にお寺があるのか本当に不思議だ。
この右手に多良岳~一の宮岳への登山口がある。

b0046478_23482218.jpg

多良岳まであと40分ぐらいなんだけど、大概悩み帰りの体力温存で今回はパスした。

b0046478_23483765.jpg

金泉寺山小屋。
生まれて初めて山小屋なるもの見た。
薪ストーブが焚いてあった。

b0046478_2349387.jpg

本日のランチは、ペヤング『激辛!ソースやきそば』辛さレベルMAX!!(^_^;)
噂には聞いていたけど長崎では販売してなくて、本日山登り仲間が佐世保のドンキで入手してきた。

b0046478_23521433.jpg

これは罰ゲームか!(>_<)
辛いし口の中が痛い!おにぎりとノンアルなかったら完食できんやったです。
これ辛美味いけどオススメしません。食べて見たい方は大概覚悟が必要です!

b0046478_23492062.jpg

西野越途中の湧水ポイントにて。
新緑鮮やかだったな。
しかし延々と下りもキツイもんがありますわな。
逆にこの下りを登ってきたらと思うと、多良山系奥深くなかなかお手軽には登れないね。

14:50無事に黒木登山口到着。
約8時間の過去最高時間登山。道中休憩したとはいえ正直疲れ果ててしまった。
この後は前回同様お約束の平谷温泉に。
食事はペヤング効いてパス(^^)

しかしながら、秋になったら舞岳~経ヶ岳ルートと多良岳にリベンジしたいと強く思うのでありました。


[PR]
by goudainana | 2013-05-31 23:54 | 山歩き
b0046478_21563045.jpg

UP遅くなりましたが、5月26日(日)登って来ました経ヶ岳。
尖ってて男前ですな。

b0046478_21581550.jpg

今回は黒木登山口から大払谷コースでつげ尾に。
そこから尾根伝いに最後は急坂をへばりついて山頂に向かうルート。
TOPの写真の写ってない左手から尾根伝いに右手へ。
時計周りに黒木登山口~つげ尾~経ヶ岳~中山越~金泉寺~西野越~黒木登山口

b0046478_21583881.jpg

梅雨入りの最初の週末で、日中30℃越えの心配もあって早朝7:10スタート!
ちょうど田植え時期で早朝から田植え機出動してた。
右奥が鳥甲岳に左手前が二合半岳。

b0046478_2235942.jpg

森というか木立の中を登るので、道中眺望は効かないけど心配した直射日光は回避できた。


b0046478_224894.jpg

登っても登っても登ってもこのガレ場が延々と続く。
登山口からつげ尾まで100分、ひたすらひたすら急坂登る。

b0046478_2243260.jpg

途中PROTREKの高度計でチェックしたけど、標高差400mを一気に登るのだ。
過去最長の登り!
今までは山歩きアプローチしての急坂だったんだけどね。
後半息切れて雑談する余裕もなし。

b0046478_22103263.jpg

8:46やっと着いたつげ尾の分岐ではこうなりますわなw

b0046478_22112068.jpg

4月30日に登った平谷コースは鎖場とかあったけど、
今回はロープをしがみついて急登へばりつくように登ります。

b0046478_22113033.jpg

9:25経ヶ岳山頂到着。
今回は3人で登山。
季節柄なのか山頂はハエやハチの虫が多くて閉口した。

b0046478_22122087.jpg

まずはコーヒーブレイク。
大村市在住の友人が持ってきた、大村の石窯パン工房「TAKUMI」の茹でピーナッツあんパン(大村あんパン)。
揚げてありまして中身ホクホク♫
この糖分補給で登山バッテリーが半分になってたのがかなり回復した!

b0046478_22131288.jpg

本日の目玉!経ヶ岳の南壁沿いに歩く。
足場不安定の初心者お断りルート。

b0046478_22135060.jpg

ここロッククライミングの名所で有名だとか。
ミヤマキリシマやヤマツツジ咲いてたけど絶壁やね。

b0046478_22144935.jpg

TOP写真、頂上下の岩壁がわかるでしょうか。
その北(左)から南(右)へ裾野を横断して行く。

b0046478_22173088.jpg

一部下り口で迷いながら無事に中山越コースに合流した。
イチブンさんのこちらのBLOGを参考にさせていただきました。

b0046478_22174276.jpg

中山越の手前の展望開けるポイントから。
シンクロしているけど、奥は五家原岳(1,057m)でその手前は中岳(1,000m)。
一番手前左手は舞岳(867m)ですね。
ここの尾根コース(シャクナゲルート)も急登で人気あるそうな。
次回登らんば!w

金泉寺へ続きます。
[PR]
by goudainana | 2013-05-30 21:51 | 山歩き

iPhone5

b0046478_2262593.jpg


昨日ヤマダ電機に行って、携帯売り場でiPhone5見てたら店員さんに声かけられた。
WE ARE! auでiPhoneキャンペーン』機種変更もありとは知らなんだ。
9,450円サポートで自己負担なしの実質無料。なお5月31日までです。
あ、去年はなかったSIM変更手数料が3150円かかりますね。
で、中学校の体育祭も雨天順延となったことだし、朝から機種変更に行ってきた。
なお、高2の娘の2011年12月新規のG11です。機種変更は13ヶ月以上利用が対象。
iPhone5Sが6月末発表の秋発売とかの事前情報ありで、契約期間2年終了の12月かなと検討してた。
それと、話聞くと高校ではすっかりガラケーが少数派になってるみたいだし。

自宅に帰って早速弄りますわね(^^)
ELECOMのシリコンカバー装着したら、4Sと比較して薄さに重さはようわからん(^_^;)
あれこれアプリ落として、アプリ一列増のホーム画面の広さはいいなと思う。
失敗したかなぁと思ったのは、後から過去ログチェックしたら5S発売前に6月末~9月機種変キャッシュバック10,500円?が予想されることかな。
娘、勉強に部活とがんばってるし、ま、いいか...甘いオヤジだ(^_^;)
[PR]
by goudainana | 2013-05-19 22:05 | 携帯

大波止 桃華園

b0046478_2339566.jpg

今日ランチで行ってきた「大波止 桃華園
新地中華街にも桃華園&別館あるけど関係あるかはよく知らない。


b0046478_23395417.jpg

ランチメニューは潔くちゃんぽんと皿うどんのみ。
店内はメインのカウンター4席とテーブル1席。
それと「相席お願いします」の座敷2テーブルの裏部屋があるという。


b0046478_23395480.jpg

ま、大衆食堂のちゃんぽんのテイストで、新地中華街のみたいに洗練はされていないけど素直に美味かった。
鶏がらベースのスープは自然でちょい気持ち甘め。
麺と野菜のボリュームに対し少なめな印象だったな。浅い丼の問題かも(^^)


b0046478_23395555.jpg

最近では2009ぴったしカンカンでもロケあった知る人ぞ知る路地裏のお店なのだ。


b0046478_23395893.jpg

食後に夢彩都方面見たらなんかイベントやってる!
夢彩都横のおくんち広場で510(五島)列島まつり開催中だった。
メインステージではゆるキャラ「つばきねこ」が出演中w
「つばきねこ」ひこにゃんに比べたら、ちょいおすましで親近感ないわ~wスマートすぎだね。
私的にはくまモンみたいにデブキャラがいいと思う。


b0046478_23395765.jpg

お昼時でなかなか盛況だった。
やっぱり人気の本場五島うどんのブースは行列できてたね。


b0046478_23395972.jpg

五島といえば「かんころ餅!」一番下が紫芋で、3個入り900円也。
ブース内では焼きたての試食(2cm角)もらえて、久しぶりに食べたら甘くて美味かった~♫
モロに体にいい自然食品って感じ。
実は明日の母の日プレゼントということにしたです...(^_^;)
[PR]
by goudainana | 2013-05-11 23:39 | ちゃんぽん

烏帽子岳


4月29日GW3日目。
息子のサッカー車出しから練習試合開始まで空き時間2時間程あったので
ちょいと烏帽子岳(413m)登ってきた。

b0046478_23473080.jpg

自宅マンションから見て左手より、師匠手山、烏帽子岳、そして右端が鳴鼓岳。
目の前にこんな山があったら。こいは登らんばでしょ!w

b0046478_2328206.jpg

滑石トンネルからのルート。
頂上碑には411.6m。

b0046478_2328289.jpg

長崎要塞の碑。

b0046478_23283645.jpg

石碑の裏を見れば「陸軍省 長崎要塞区域標 第四十七号 明治三十三年六月十日」の文字が。

b0046478_23285660.jpg

頂上の石碑から東方面に細い降り道があって
東方面180度展望効く超狭い岩場へ。

いつも登ってるお馴染みの北側からの岩屋山。
右手に裏岩屋山が広がってるのだよ。

b0046478_2329217.jpg

尾根の右手が滑石団地で左手が横尾団地。

b0046478_23292784.jpg

グラウンドは横尾中ですね。
段々畑みたいなひぐち時津CC。

b0046478_23294132.jpg

ゴルフ場の奥は時津港。
奥の山は長与町の琴ノ尾岳ですね。

b0046478_23295456.jpg

こんな岩尾根もあります。
山歩きで何が好きかって、なんといっても右に左にスリリングな岩尾根歩きが大好き。

b0046478_23302897.jpg

師匠手山からの下りだけど、ロープ張りの結構な急坂あります。

b0046478_23305391.jpg

滑石峠旧道からの登山口。

b0046478_23311240.jpg

滑石トンネル開通後は、今や登山者以外通らない滑石峠旧道。
まだ10時過ぎなのに妙に不気味です。

b0046478_2331246.jpg



[PR]
by goudainana | 2013-05-09 23:33 | 山歩き

岩屋山の湧水

b0046478_2311584.jpg

経ヶ岳登山の翌日4月28日(GW2日目)まだ夜も明けぬ4時過ぎに目が覚める。
天気予報では快晴だし、岩屋山から見る日の出は格別だろう。
どうしようかなぁと布団の中で逡巡してたら出遅れた。

b0046478_2313858.jpg

5:35岩屋神社スタート。今日は洞窟神殿先の分岐から左手の尾根コースで登る。
結構な急坂を登ると照葉樹林を進む。

b0046478_2238948.jpg

が、登山途中に夜が明けてしまった(^_^;)

b0046478_22271864.jpg

尾根伝いに結構な急坂を息を切らして登る。
と、大岩あってロープ伝いに一瞬ロッククライミングに。

b0046478_22272792.jpg

終盤急な岩尾根を登り続けると、谷コースに合流する。

b0046478_22273787.jpg

6:13登頂の山頂広場。貸切でした。

b0046478_2229109.jpg

日の出は霞んでましたね。
太陽の下が明るいのは有明海と思われる。

b0046478_22333920.jpg

岩屋山への登山口多数ありまして、今日は虹が丘町~岩屋神社の上から3つ目のルートでした。
頂上では夜明けの下界を写真撮影したりFBにUPしたりで結構な時間ゆっくりした。

b0046478_22293138.jpg

上記案内図の北西方面に下り鉢巻周回コースに。
この湧水ポイントは、4月20日に登った北栄町登山口~周回コース途中で発見した。

b0046478_22293929.jpg


b0046478_22302562.jpg

この岩と岩の間が源流。
まだ未確認だけど、なんだかんだでここ式見川の源流になるんじゃないかな。

b0046478_22343356.jpg

手と顔を洗い、まさしく生水飲んだら生き返る!
持参のアクエリ飲み干したペットボトルに。
ま、水は水やけんね。無味無臭、クセのない素直なお味。

b0046478_2230359.jpg

湧水を汲んだ帰り道に発見した首だけ仏像。一瞬ビビってしまった。樹の根元に何が眠ってるのやら。
山神様かしら、持ってた飴をお供えし、お猪口が汚れてたので湧水で洗って新鮮なの注いだ。
これからの登山行何かと護ってくれるでしょう。

b0046478_22312068.jpg

下りの岩屋神社の梅園に咲いてた葉っぱといい花びらといい小ぶりの紫陽花みたいな
わしゃっと満開の白い花の木。掃除している人に聞いたら似てるけど紫陽花ではないって。
FB友に聞いたら「オオデマリ」だそうな。

岩屋山の湧水ポイント。あえて場所は書きません。
鉢巻周回コースを赤テープを目印に、自分の目と足で感じて登ってみてください。
岩屋山の素晴らしさが、そして奥深さが実感できると思います。
それと行動は慎重に。迷ったら引き返す勇気が大切です。
[PR]
by goudainana | 2013-05-03 23:59 | 山歩き