長崎とホークスとレースシミュGPL(Grand Prix Legends)のなんでんかんでん日記


by goudainana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

岩屋山の湧水

b0046478_2311584.jpg

経ヶ岳登山の翌日4月28日(GW2日目)まだ夜も明けぬ4時過ぎに目が覚める。
天気予報では快晴だし、岩屋山から見る日の出は格別だろう。
どうしようかなぁと布団の中で逡巡してたら出遅れた。

b0046478_2313858.jpg

5:35岩屋神社スタート。今日は洞窟神殿先の分岐から左手の尾根コースで登る。
結構な急坂を登ると照葉樹林を進む。

b0046478_2238948.jpg

が、登山途中に夜が明けてしまった(^_^;)

b0046478_22271864.jpg

尾根伝いに結構な急坂を息を切らして登る。
と、大岩あってロープ伝いに一瞬ロッククライミングに。

b0046478_22272792.jpg

終盤急な岩尾根を登り続けると、谷コースに合流する。

b0046478_22273787.jpg

6:13登頂の山頂広場。貸切でした。

b0046478_2229109.jpg

日の出は霞んでましたね。
太陽の下が明るいのは有明海と思われる。

b0046478_22333920.jpg

岩屋山への登山口多数ありまして、今日は虹が丘町~岩屋神社の上から3つ目のルートでした。
頂上では夜明けの下界を写真撮影したりFBにUPしたりで結構な時間ゆっくりした。

b0046478_22293138.jpg

上記案内図の北西方面に下り鉢巻周回コースに。
この湧水ポイントは、4月20日に登った北栄町登山口~周回コース途中で発見した。

b0046478_22293929.jpg


b0046478_22302562.jpg

この岩と岩の間が源流。
まだ未確認だけど、なんだかんだでここ式見川の源流になるんじゃないかな。

b0046478_22343356.jpg

手と顔を洗い、まさしく生水飲んだら生き返る!
持参のアクエリ飲み干したペットボトルに。
ま、水は水やけんね。無味無臭、クセのない素直なお味。

b0046478_2230359.jpg

湧水を汲んだ帰り道に発見した首だけ仏像。一瞬ビビってしまった。樹の根元に何が眠ってるのやら。
山神様かしら、持ってた飴をお供えし、お猪口が汚れてたので湧水で洗って新鮮なの注いだ。
これからの登山行何かと護ってくれるでしょう。

b0046478_22312068.jpg

下りの岩屋神社の梅園に咲いてた葉っぱといい花びらといい小ぶりの紫陽花みたいな
わしゃっと満開の白い花の木。掃除している人に聞いたら似てるけど紫陽花ではないって。
FB友に聞いたら「オオデマリ」だそうな。

岩屋山の湧水ポイント。あえて場所は書きません。
鉢巻周回コースを赤テープを目印に、自分の目と足で感じて登ってみてください。
岩屋山の素晴らしさが、そして奥深さが実感できると思います。
それと行動は慎重に。迷ったら引き返す勇気が大切です。
[PR]
by goudainana | 2013-05-03 23:59 | 山歩き